スイングトレードにて1億達成までの細道をつづった初心者株ブログ。2010年12月脱サラし わずかな資金で専業トレーダーへ転身。勝率向上の為のデイトレ・スイング・FX反省ブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチローの言葉 『一貫性』
2010年12月18日 (土) | 編集 |
『僕、一貫性がないの嫌いなんです。』
この言葉はイチローが自分の野球への取り組み方について語った言葉です。

一貫性とは「自分の定めた事を貫くことであり、他人の無責任な意見に惑わされないこと。」軸のブレている独楽(コマ)を想像してみてください。
軸のブレた独楽はいくら力強くまわしてもグラグラとブレてすぐに倒れてしまいます。逆に軸さえしっかりしていれば勢いが弱かったとしてもきれいな回転をみせて長く独楽は回り続けます。
イチローはこの言葉通りに努力してきた選手だと思います。一流のスポーツ選手は、やはり一流の考えの下に成長をし結果を出している。ゴルフの石川選手もしかり、サッカーの中田選手もしかりです。

僕は過去の自分の人生を振り返って、一貫性をもち力強く生きたことってなかったなぁと反省します。この一貫性はトレードにおいても非常に大切だと、自分の過去の多くの失敗から感じます。

またあるときイチローはこう語っています。
『自分の「形」ができていない状態では、いろいろなことを感じられません』
自分のやっている仕事に、一貫性という基準があるからこそ、そこからはずれた変化や結果の違いにきづくことができる。まさに自分のトレードは一貫性のない 形のできていない状態であり、変化を感じ取れない状態であった。
それじゃー一流にはなれない。過去のトレードにおける損失も市場からの退場も、我ながらうなずける。
仕事のやり方、スタイル、ポリシーを明確にして「一貫性」を貫くことが、イチローのような一流の選手になるための第一歩であると思う。だから、このブログを書き続けたいと思う。自分自身のトレードスタイルを一貫性をもち確立するために。

第1章では、まだあいまいな状態のトレードルールを10項目確立し、第2章に進みたいと思います。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。